東日本大震災 時系列まとめ ブログ

東日本大震災の出来事を時系列にまとめました

原電、運転40年の原発の20年延長を申請

2017年11月24日、日本原子力発電(原電)は、原子力規制委員会に対して、来年11月で運転40年を迎える、東海第二原発の運転期間を20年延長することを求めて申請した。

原発の運転は40年まで」という原則はすでに、関西電力の高浜原発1、2号機、美浜原発3号機については、例外とされつつも適用されておらず、有名無実化が進んでいる。

原発訴訟 福島地裁判決 2017年10月10日

津波予見可能性について、国と東電に責任認める。原告約2900人に5億円の支払いを命じた。

この判決に対し、原告、国、東電ともに控訴。原告は賠償額について不服とした。

一方、同月27日、大阪高裁での訴訟では、東電の責任を認めつつも、賠償額を半減する判決を出した。

 

原発避難者訴訟 千葉地裁 判決 2017年9月22日

東京電力に対しては、42人に約3億7600万円を支払うよう命じる判決。「暮らしていた生活の本拠や自己の人格を形成してきた地域を喪失したことも、事故と因果関係のある精神的損害として賠償の対象になる」。

国に対しては責任を否定した。

2017年6月30日 東電トップへの初公判

勝俣恒久元会長、および、武藤栄、武黒一郎両元副社長を、

業務上過失致死傷罪で、強制起訴。被告側は無罪を主張。

東京地裁

備忘録

東電説明に「ウソだもん、これ」規制委激怒

日本テレビ系(NNN) 2017/6/28(水) 20:15配信

広告を非表示にする

Pictures of Eastern Japan Great Earthquake (311) Disaster

 

f:id:fukushimatimeline:20140918220154j:plain

Kamaishi city, Iwate Prefecture in summer 2011. Red flags indicate the place where dead bodies were found.

 

 

f:id:fukushimatimeline:20140918220028j:plain

Kamaishi city. A Shop attacked by the great tsunami.

 

f:id:fukushimatimeline:20140918220111j:plain

Kamaishi city flatten by the great tsunami.

f:id:fukushimatimeline:20140918221019j:plain

Tokiwadai station of  Tobu Tojo Line on March 16, 2011. The borad tells that the railway service is limited only the central Tokyo area due to rolling blackout beeing implemented on suburbs of Tokyo.

 

f:id:fukushimatimeline:20140918222218j:plain

Dark Tokyo, 22:12 on Mar 14, 2011. To concerve electricity, the Japanese nation switched off all unnecessary lights.

 

Timeline of Great Eastern Japan Earthquake (Higashi-Nihon Daishinsai) and Tsunami, Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Disaster in Japan 2011

f:id:fukushimatimeline:20140918220028j:plain

 

This is a copyrith-free document. The author of this ducomment abandons the copyright of it.

Headlines from newspapers are generally allocated at the time of occurence. 

The major natural disasters in the past related to Tohoku area and major earthquakes are displayed in the timeline.

Some of the news refered here might be inaccurate because they are basically original texts at the real-time.

In addition, the author collects some miscellaneous news for the reader to understand the situation of the Japanese society at that time. Tokyo and Kanto area, the world-biggest metropolice with about 40 millions population, was suffered the most severe nuclear accident.

 

続きを読む