東日本大震災 時系列まとめ ブログ

東日本大震災の出来事を時系列にまとめました

東京電力に賠償命令 遠地への避難者へ 名古屋地裁

2019年8月2日、名古屋地裁東京電力に対して賠償を命じる判決。

静岡、愛知、岐阜の3県に避難した128人が提訴。うち、109人に約9684万円の賠償を命じる。

一方で国の責任は認めず。

WTO 福島原発事故に伴う韓国の禁輸を容認 日本敗訴

WTO(世界貿易機関)は2019年4月26日、韓国が継続している、福島第一原発事故の被災地から水産物の禁輸を、事実上容認する報告書を採択した。

 

桜田義孝五輪相、失言で大臣辞任

2019年4月10日夕方、自民党高橋比奈子衆院議員のパーティーにて、来賓挨拶に立った桜田義孝五輪担当大臣は「そして復興以上に大事なのは高橋さんでございますんで、よろしくどうぞお願いいたします」と失言。

その夜のうちに総理大臣に辞表を提出。

九州電力 玄海原発2号機を廃炉に

2019年2月13日、九州電力は臨時の取締役会を開き、玄海原発2号機の廃炉を決定。テロ対策施設の用地が確保できないため。

廃炉にはおよそ365億円の費用と、30年の年月がかかる見通しを示す。

早野龍五 東大名誉教授の個人被曝に関する論文に問題発覚

事故後有名となった早野龍五 東京大学名誉教授が共著者の1人である、福島第一原発事故による住民被ばく量についての論文に、2つの大きな問題があることが、2018年12月に発覚した。

  1. 住民が一生にうける累積被曝量の値が、3分の1に過小評価されていた。
  2. 半数のデータを住民の同意を得ずに使っていた。